スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上海旅行記3 - 変身写真を撮ってみた

上海好きで昔よく行っていた友達に、旅行中何をしたらいいのかと聞いてみると、「ぜひここで変身写真撮ってきて!」と勧めてくれたのが萬紅変身写真館

台湾、韓国でも変身写真を撮っている彼女によると、ここは相当レベルが高いらしい。
別の友人も絶賛していたので、せっかくだからと行ってみることに。
どうせベイダー君の仕事中はヒマだしね。

ネットからも予約ができますが、日にちが迫っていたのでスカイプで電話すると、日本語で対応してくれました。
ちなみに英語は全くダメらしい。

着くとまず仕上がりのアルバムの形と衣装の数を選ばされる。
私は5枚セットの三面鏡のように開くタイプ&衣装2枚をチョイス。
これで400元。

データで欲しい場合はUSB100元と言われる。
そりゃー欲しい、とこれをプラス。

さらに今回は旅行期間3日間なので滞在中に受け取りできないとのこと、日本への配送200元もプラス。
なんだかんだと合計700元=12,000円くらいに。

結構する!と思ったけど、それでも日本の半分以下なんですね~。

衣装は時代ごとに分かれており、唐、明、現代のチャイナドレスが選べます。
私は現代のチャイナドレスは複数持っているので、唐、明から一着ずつに。

衣装を決めたらメイク。

・・・の前にもファンデ用のパフを新品にするか(有料)、他のお客さんとの使いまわしにするかを聞かれる。
いや、どうせすぐ落とすし使いまわしでいいよ~と言うもしつこい。
しかしお得第一のくもこ、無駄な出費は一切したくない。
しぶしぶ納得して古いパフでメイクを始めてもらいました。

変身・・・まさに変身でしたよ。

つけまつ毛左右各4枚!
さらにテープで二重形成!
シェーディングファンデで、鏡の中にいるのはデーモン閣下ですか?と見まごうばかりの知らない人・・・。

厚化粧なんてもんじゃない。
顔面手術です。

地毛の下に上手いことかつらを入れて、冠などさして完成。
いよいよ撮影へ。

暗いスタジオには風景写真や壺などのクラシカルなセットが置かれています。

カメラマンがポーズを指先まで細かく指定します。
日本語を話せるスタッフが付き添ってたまにお手伝いしていました。

しきりに「笑って!」「目を開けて!」
と言われ、最後には頬っぺたが痛くなりましたが何とか終了。

そして約10日後、送られてきた写真がこちら。

IMG_20160302_231725.jpg

めっちゃフォトショ!顎の輪郭と肌がものっすごく修正されています。
確かにレベル高い(修正力が)。

ベイダー君あんぐり笑

「なんか、くもこさん中国人みたい・・・(トーン低い)」

あれ?どうやらベイダー君には不評な様子。
もともとナチュラルメイクが好きだもんね。

20160305_211234.jpg

ちなみにこんな立派な箱に入って送られてきます。

20160302_135200.jpg

アルバム自体はこちら。
立てておけるようになっています。

結局ベイダー氏に不評のため、お蔵入りとなりましたがね。

なかなか楽しい経験でした。

ところで写真を見て「わー美人!」と思ってしまった方、間違えてはいけません。

現場にいるのはデーモン閣下です。


*InstagramとYouTubeやっています*

Instagram ID: pashmir.jp
YouTube チャンネル: Where is BB-8?

ランキング参加しています。クリック謝謝!


にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

上海旅行記2 - 朱家角水郷に行ってみる

実は上海に来たものの、何をするのかまだ決めていなかったくもこ。

友達にえらく勧められた変身写真は初日に撮っちゃったし。

2泊3日の旅行中、忙しいパートナーのベイダー君と一緒に過ごせるのは夜と二日目午後のみ。
彼にとっては上海=ビジネスなので、そもそもあまり観光には興味ない様子。

せっかく一緒に過ごすならベイダー君が行ったことのない場所へ行こう、と上海ナビを見ていて気に入ったのが朱家角水郷の写真。
上海市内からバスで1時間だそうで、これなら簡単に日帰りできそう。

ちなみにガイドブックはここ何年も買っていないのですが、今回は上海ナビがとっても役に立ちました。
マップもダウンロードできるし、情報量がとにかく多い!

地球の歩き方はサイトそのものがアクセス制限されていて中国入りしてからは全くダメ。
ここらへんはさすが中国。
みんなVPNとか使ってるみたいだけどね。

普安路のバスターミナルから「沪朱高速快線」と書いてあるバスに乗ります。
どのバスか迷ってしまい、漢字を停車中のバスの運転手さんに見せると手振りで教えてくれました。

Redspiders_29Feb2016_1.jpg

バス車内はこんな感じ。

Redspiders_29Feb2016_2.jpg

乗って走り出したら女性のスタッフがチケットを売りに来ました。12元(200円くらい)。

高速バスで、ほとんど直通でした。

Redspiders_29Feb2016_3.jpg

着いたら上海ナビに書いてあった通りに商店街を進みます。
10分ほどで着きました。

案内所でマップをもらおうと思ったら、諸々のチケットを買わないとくれないそうです。
小さい町だし案内板も多いので買わなくて正解だったみたい。

Redspiders_29Feb2016_6.jpg

心配だったら看板の地図を撮影するよろし。

Redspiders_29Feb2016_4.jpg

入口に近い放生橋。

Redspiders_29Feb2016_5.jpg

まずは食べる。
チンゲン菜が美味しい。

しかしなんだか町中に酸っぱい臭いが充満していて、ちょっと苦手でした。
食べている間も気になる。

Redspiders_29Feb2016_7.jpg

名物のボート。
乗らなかったけど、雰囲気は良いですね。



BB-8ももちろん連れてきました。

Redspiders_29Feb2016_8.jpg

庭園の入り口の立派な看板金剛インコ。
これ長生きするのよねー。

Redspiders_29Feb2016_9.jpg

いろんなお土産売ってる。
ろくろっ首?

Redspiders_29Feb2016_10.jpg

この巨大ピーナッツみたいなのはおばちゃんがせっせと磨いていて何かの飾りにするようでした。

Redspiders_29Feb2016_11.jpg

また上海ナビにあった通り、おしゃれなカフェやバーがちらほらありました。
残念ながらベイダー君の都合で飲まずに帰っちゃったんだけど。

帰りもバスで帰ろうと、「沪朱高速快線」を探していたところ、スタッフらしきおばちゃんに声をかけられる。

「ピープルスクエア!上海!」

来たバスとちょっと違うように感じたんだけど、盛んに「人民広場」と書かれたバスを指さして誘導する。
まー、ちょっとくらい違っても人民広場なら行き先は合ってるし、と乗ったのが大間違い!

完全な各駅停車、1時間乗っても半分も進まない・・・。

しかも後ろの席のおばちゃんがビニール袋にずーっと痰を吐き続けている。泣きたい。

上海は路上に痰を吐く人がとっても多く、潔癖症でない私にもちょっときついものがありました。
地下鉄は割と綺麗なんだけどねー。

2時間ほど乗ったところで一斉にお客さんが降りたのを見て、急いでGoogleマップを確認すると、近くに駅発見。
私たちも降りました。

途上国では気持ちを強く持って、プラン通りに動くのが大事だと改めて学びました。

おばちゃんの誘導に負けちゃいかん。


*InstagramとYouTubeやっています*

Instagram ID: pashmir.jp
YouTube チャンネル: Where is BB-8?

ランキング参加しています。クリックして頂けるよろし。


にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

上海旅行記1 - バースデーディナー in 上海

1月のある日。

パートナーのベイダー君が何気なく口を開いた。

ベイダー「2月下旬、僕出張で上海行くよ、仕事で会議入れたから」
くもこ「え、その日誕生日なんだけど」
ベイダー「Oh shit...」

どうやらベイダー君、私の誕生日をすっかり忘れていたようです。

なんだとー!?

じゃあ私も行くよ、上海!祝え!

・・・こんな顛末で上海バースデーをすることになった私たち。通常営業です。

後ろめたさもあってか?ベイダー君、せっかくだからといいホテルを予約してくれました。

Redspiders_26Feb2016_2.jpg

Fairmont Peace Hotel。
古い洋館ホテルで、趣があって素敵。
緑の三角屋根がシンボルです。

ちなみに私的良いホテルの条件はバスルームの設備。
このホテルはトイレとシャワー、バスタブがそれぞれ独立していて、さらに洗面台も二つある(これはバースデーでアップグレードしてくれたからかも)。
お湯もすぐに出るし。

うーん、素晴らしい。

あとは全体的な清潔感やヘンな臭いがないことも大切なポインツ。

あ、あとジムは必須ね(色々うるさい)。

部屋でくつろいでいるとチャイムが。

Redspiders_26Feb2016_1.jpg

ホテルからのバースデーケーキと手作りのカードでした。

これには感激!

部屋のアップグレードの上さらにこのサービス。

うーん、素晴らしい。

ただし、この後すぐにベイダー君の予約してくれたレストランが控えていたので、ケーキはおあずけ。

おしゃれをして隣のビルにあるレストラン Mr & Mrs Bund へ。

Redspiders_26Feb2016_3.jpg

暗くカジュアルな店内からは上海のシンボルとも言える夜景が一望できます。

初めての来店なので、2人でシェアするお勧めセットメニューを注文。

Redspiders_26Feb2016_4.jpg

料理の前にアペタイザー。たぶんツナのムースなんだけど、レモン?の酸味が効いていてふわっととろける。とっても美味しい!

Redspiders_26Feb2016_5.jpg

最初のメニュー、トリュフトースト。ウェイターが二つにカットしてくれる。カリっとグリルしたパンにふんわりしたペースト、そしてトリュフの濃厚な香り!
上の泡は見た目楽しいけど、食べる時にはほとんど感じません。

Redspiders_26Feb2016_6.jpg

同時に運ばれた2皿目。瓶の中でオレンジジュースやハーブ、スパイスとともにスチームされたエビ。
自分的にはこれが一番気に入りました。とっても良い香り。もっと食べたかったー。

メインは照り焼きスペアリブ。

Redspiders_26Feb2016_7.jpg

でかいよ。

同時にマッシュポテトとルッコラ&トリュフのサラダ。サラダは美味しいけど、その前にもトリュフ出ているのでちょっとくどい。

見た目の驚きを大事にしているらしいこのお店。最後のデザート、レモンタルトにもびっくり。

Redspiders_26Feb2016_8.jpg

一瞬心配になるプレゼンテーション。

Redspiders_26Feb2016_9.jpg

おそるおそる割ってみるとクリームが。皮は柔らかく煮込まれていて、美味しかったです。

これともう一種類のデザート、マンゴーのビスケット乗せがあり、一人528元。
ワインはカラフで3種頼み、二人で1,600元ちょっと(28,000円ちょっと)でした。
安くはないけど、価値はあると思います。

スタッフもみんな英語話せて(貴重!)感じよく、とても楽しいバースデーディナーでした。

謝謝❤


*InstagramとYouTubeやっています*

Instagram ID: pashmir.jp
YouTube チャンネル: Where is BB-8?

ランキング参加しています。クリックに謝謝♡


にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

プロフィール

くもこ

Author:くもこ
2012年の夏にクロスバイクを譲り受けたのをきっかけに自転車こぎ続けています。愛車はTREK ÉMONDA SL 6、愛称はレッドスパイダー。もっと筋肉欲しい。
パートナーのベイダー君はインド系アメリカ人。
2016年12月息子のルークが生まれました。
その他の良く出てくる友人はデビコ、ドナルド(どちらもアメリカ人♂)。4人でサイクリング行ったりくもこ実家に行ったりする仲良し。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。