スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お産直前のお腹とお産直後のアナフィラキシー(※閲覧注意画像あり)

Redspiders_10Jan2017_1.jpg 
出産予定日11日前に出席した立食パーティ。
こうしてみるとやっぱりお腹を前に突き出していて姿勢悪い。

ちなみに手に持っているのはウィスキー・・・ではなくウーロン茶。
ワインが恋しかったな~。

このころはまだ余裕のつもりでよく出歩いていました。
ただ、さすがにお腹が重くてジムには行けず。
相変わらず胸やけもあり、結局妊娠中はずっと食欲旺盛になることはありませんでした。

そしてこの3日後に陣痛、4日後に出産することになる・・・。

出産前夜と当日の様子はこちらにまとめましたが、今日は産後の体調のことを書いてみます。


カンガルーケアが終わってすぐに看護師さんへ聞いたこと。

いつ食べれますか?

出産した直後からお腹が空いていたのよね~。
妊娠中ずっと続いていた胸やけが嘘のようになくなり、替わりに食欲の波が押し寄せてきました。

病室の準備に時間がかかるということで、LDRに昼食を運んできてもらい、ガツガツと食べる。
愛育病院の食事はあまり評判良くなかったけど、お腹空きすぎてもう関係ない。
こんなに心から美味しいと感じる食事は本当に久しぶり。

その後は麻酔が切れて会陰切開の痛みに苦しむものの、そのほかは意外と元気。
やはり無痛分娩は体力温存できていいな~なんてのんびり考えていました。
出産翌日に友人、親戚たちを4組も呼んでみたり。

そんなこともありベイダー君に「早目に退院させてもらったら」と提案される。
却下したけどね。
上げ膳据え膳を目いっぱい楽しまずに退院してなるものか。

・・・が、やはり産後は産後。
全身むくみが酷く、特に脚は2倍の太さ、足首はどこ?という象の脚状態。
助産師さんに「水をとにかくたくさん、一日2~3リットルは飲むように」とアドバイスを受ける。

さらにこの後、出産をなめてはいけないことを思い知ることに。

出産の2日後、朝からお腹の調子が悪く、酷い下痢になってしまう。
看護師さんに相談すると、医師の判断で出産直後から飲んでいた抗生物質を止めることに。

それでも下痢はひどくなる一方。
さらに夜にはじんましんが出始め、夜中に全身に広がる。
最初は蚊に刺されたようなじんましんが無数にでき、それぞれが大きくなってやがて繋がり肌全体が腫れたようになっていく。

その時の様子がこちら(※閲覧注意)↓
























Redspiders_10Jan2017_2.jpg 

むくみで象の足の上に蕁麻疹の腫れでパンパン。
これが全身、もうどこを掻いてよいのかわからないくらいかゆい。

実はもともと原因不明のアレルギー体質で、疲れたりするとじんましんが出やすい。
2年前にはアナフィラキシーを起こして入院したこともある。
その時とほぼ同じ症状なのですぐにナースコール。

看護師さんは蕁麻疹の様子を携帯で写真に撮り、医師に見せにいってくれました。
待つこと1時間ほど、ドクターが来てくれました。

ドクター「アレルギーですね、原因物質はわかりますか?」

私「いえ、以前アナフィラキシーを起こした時も調べましたが結局わかりませんでした」

ドクター「では念のためロキソニン(痛み止め)を止めましょう」

ええー会陰切開の傷がめっちゃ痛いんだけどーーー泣
「薬でアレルギー起こしたことはないので大丈夫だと思うんですけど」と訴えてみるものの却下。

ドクター「ステロイドの点滴の前にとりあえず塗り薬で様子をみましょう」

私「できれば飲み薬だけでも出していただけませんか?」

看護師さん「母乳に影響する可能性もあるので・・・」

私「そうですよね、授乳中ですもんね(塗り薬じゃ絶対治らないけど(泣)」

ステロイドの塗り薬やアイスノンを渡され、なんとかしのげるように・・・なるわけもなく、蕁麻疹はさらにひどくなる。
その上ロキソニンを止めてしまったことで傷の痛みも倍増。
頻回授乳とのトリプルコンボでもう眠るどころじゃない。

朦朧として迎えた朝、ちょうど背中に薬を塗るため服を脱いでいると別の看護師さんが来てくれた。

看護師さん2「わー、これひどいわ!すぐに先生呼んできますね!」

そしてすぐに別の医師が来てくれました。

ドクター2「下痢とか他の症状はないですか?」

私「実は昨日の朝からずっと下痢なんです」

ドクター2「ではアナフィラキシーという診断になりますね。すぐに点滴しましょう」

私「ありがとうございますっっ!・・・でも母乳に影響は?」

ドクター2「大丈夫ですよ、特に影響ないですから

ええっ夜中に言われたことはなんだったんだ・・・。

ドクター2「私も同じ体質ですから辛さはわかります」

もう本当にドクター2&看護師さん2のコンビが天使に見えましたよ。

蕁麻疹も点滴ですっかり引きました。
次の早朝にも少し弱めの症状でぶり返したけど、今度はスムーズに点滴をしてもらえました。

そんなこんなでその後の訪問客は全てお断りさせてもらいました。
ベイダー君もさすがに心配してくれました。
ルークは元気いっぱいでしたけどね。

お産、なめてはいけない。



ランキング参加しています。クリックして頂けたら嬉しくて涙ちょちょぎれます。

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

無痛分娩当日の記録

「どんなお産にするか」と迷う人も多いと思います。
選択肢の無い場合はともかく、私の出産した愛育病院は無痛分娩(愛育では「麻酔分娩」と呼ぶ)が選べ、しかも麻酔の針を差す瞬間まで料金が発生しないことから直前まで迷えてしまう。

私も一時は「順調なら自然分娩でも」なんてことを考えていたこともありました。

しかし結論から言うと、無痛分娩にして本当~~~によかった!
裏を返せば陣痛の痛みは想像以上だった。
正直陣痛なめてました、スミマセン。

そんな出産前日と当日の様子を振り返ってみます。


=出産前日=

・朝~お昼頃
いつもは夜に起こる前駆陣痛が朝から続く。

・17:00
次第に痛みの間隔が狭くなってきて「もしや・・・?」という予感。

・18:00
10~20分くらいの間隔で陣痛を感じるように。

・19:00
ついに10分前後の間隔で陣痛が来るように。しかしまだまだ余裕の痛さ。

・21:30
まだこらえられる痛みだったけど、8分前後になったので愛育病院に電話。初産であることや痛みの状況を伝えると、「まだ1時間は様子を見て下さい、お風呂にでも入ってゆっくりして」と言われる。
しかしお風呂に入るほどの余裕もない・・・


=出産当日=

・0:00
間隔は6~8分、陣痛が来ている時はかなり激痛になってきたので再び病院に電話。ついに来てください、と言われる。
登録しておいた陣痛タクシーに電話をし、入院用バッグをチェック。
もちろんベイダー君も付きそうので、彼にも準備してもらう。

出発直前に出血しているのを発見。おしるし?

・1:00
陣痛タクシーにやたらと遠回りされ、いつもの倍以上かかって愛育病院に到着。
タクシーの中でどんどん陣痛がきつくなり、間隔も5分ほどに。
到着してすぐ車いすでLDRに運んでもらう。

LDRは広々していて、落ち着いた雰囲気。すりガラスだけど窓もある。
用意されていたネグリジェや産褥ショーツに着替える。
ていうかいらなかったんじゃん、LDR用のパジャマ・・・。

まずは尿検査や体重測定。
元の体重+7.5kgでした。
子宮口は4cmの開き。
お腹にNSTでやったような陣痛モニターや胎児の心拍計を付けられる。

ベイダー君が「すぐに麻酔欲しいです」と私の切なる希望を代弁してくれた。
そのまま入院になったので、ベイダー君が私の両親に連絡。

しかしここからが長かった!

よく陣痛の痛みで声が枯れる、というけど本当にその通り。
大声で叫ぶわけじゃないんだけど、痛みにゼーゼーと喘いでいるため喉が渇いて枯れてしまう。

助産師さんとベイダー君がマッサージをしてくれたり、呼吸の仕方をアドバイスしてくれたりするも、徐々に効果が薄れて痛みに支配されていく・・・。

・3:00
陣痛の間隔は3分に、痛みの波が来ると1分続く。

もう限界!と泣きそうになったところでついに麻酔の処置が始まる。
麻酔の針を固定している間にも陣痛の波はやってきて、作業を遅らせてしまうのがもどかしい。

しかし硬膜外麻酔の点滴が始まって10分ほど、陣痛がだいぶ和らいでいるのを感じることができた。

さらに10分ほど経つとほぼ無痛状態に。
夜遅いことと疲れで眠くさえなる。

助産師さんに「眠ってもいいですよー」と言われるままにうとうとと眠りに落ちる。
ベイダー君もソファで眠る。
このソファ、広げるとベッドになった。これはありがたい。

・5:00
陣痛が遠のいて間隔が5分以上に空いてしまったことが発覚。
波も弱くなっている。
陣痛を呼び戻すため、ベッドを起こして座るようにアドバイスされる。

・6:00
なかなか陣痛が強くならないので、陣痛促進剤を使うことに。
促進剤を増やすにつれ、麻酔も徐々に増やすと説明を受ける。

・7:00
麻酔科のドクターが来て「痛みの強さを数字で表すといくつか」と聞かれる。
依然として痛みはほとんど感じないが、陣痛の波の感覚は戻ってくる。

・8:00
破水。
「プチン」とはじけて水が出てくる感覚がわかった。

子宮口は10cmの全開に。

「頭が見えています。髪の毛フサフサですよー」と助産師さん。
午前中には生まれると教えてもらう。

「下に押される痛みや感覚が出てきたらすぐにナースコールするように」とも言われる。

この間にも産科や麻酔科の先生たちは痛みの度合いをチェックしながら促進剤と麻酔の量を調整してくれる。

両親に連絡すると、なぜか母だけが病院へ向かっているという。
どうやらベイダー君とのやり取りでもう一日かかると勘違いしたらしい。

父に「今すぐ来て!!」とLINE。
腰の重い父もついに病院へと動き出した。
実家から病院まで約2時間・・・間に合うのか?

・10:00
下にググッと押される感覚が。

ベビーが出たがっている!

ナースコールをして診察してもらい、お産の準備が始まる。
麻酔科、産科のドクター、助産師さん、看護師さんと総勢10人くらいはLDRに集まっていたかな。
ベッドが変形し、分娩台に変わり、脚が固定される。

麻酔科の先生が横に付いて常に痛みをチェックしてくれて、絶妙に麻酔の量を調節してくれているため、ベビーに押される感覚はあれど痛みは全くない状態。
人生の一大事にあって、とても不思議な気分。

いよいよいきみ方をガイドしてもらいながら数回トライ。

ここで産科の先生、「ああ~狭いな~・・・すみません裂けちゃいそうなので切ってもいいですか?

ああ・・・やっぱり・・・。
会陰マッサージの効果は私にはなかったのか・・・。
予定より1週間早いから3週間しかマッサージできなかったしね。

さらに数回トライ後、「すみません、もう一カ所切ります

まあ麻酔効いているうちはともかく無痛だからいいんですがね。
産後、この傷にかなり苦しむことになります・・・。

そしてさらにいきむこと数回。

大声で「んぎゃーーー!」と泣く声が聞こえた!

しかし姿は見えず???

ドクター「まだ体出てないのに泣いてる~笑」

その後すぐに体もスポッと出てきたけど、それまで以上に大きな声で力いっぱい泣き続ける我が子。
スタッフさん皆さん口々に「本当に元気な赤ちゃんだね~」と笑う。

ああ、やっぱりベイダー君の子だわ~と妙に納得してしまったお産の瞬間でした笑

今回無痛(麻酔分娩)にして本当によかった!と思えた理由は、痛みのないことももちろんだけど、こうして最後のベビーを取り上げてもらう瞬間まで終始リラックスできたことが大きいかな。
窓から差し込む朝の光が気持ち良いとさえ感じる余裕があったほど。
おかげでにこやかにベイダー君と喜びを分かち合うことができました。

しかし横で手を握って励ましたりとかを思い描いていたらしいベイダー君にとっては、あまりにも和やかで物足りなかったという笑

お産直後の処置をしてもらっている間に、何とか揃って到着していた両親へ報告に行くベイダー君。
無事カンガルーケア中に生まれたてホヤホヤの初孫と対面してもらえました。

父は私や弟が生まれた時に立ち会えなかったためか、本当に嬉しそうでした。



ランキング参加しています。クリックして頂けたら嬉しくて涙ちょちょぎれます。

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

前駆陣痛と予定日10日前のお腹

予定日まであと10日。

Redspiders_3Dec2016_1.png 
キレイドナビのアプリにもやんわり覚悟しろよと言われる。

しかも健診したドクターによると予定日前になる可能性が高そう

そしてここのところ、お腹の張りが頻繁に来ています。
ドクターによると、この時期のものは前駆陣痛と言って、むしろお産への準備が始まっている良い証拠らしい。

私の場合、特に強く張るのが夜中、それも午前3時~5時くらい。
どれほど強いかというと「イタタタタ」と叫んで目を覚ますほど。
お腹がカチカチに硬くなり、右下部分がつるように痛みます。
その後もだいたい1時間ほどは繰り返し波が来てなかなか寝られず、ゆえに寝不足の日々です。

ところで昨夜は夜遊び好きのベイダー君が出産間近の妊婦を置いて出かけ、朝方お帰りあそばしたのですが、久しぶりに前駆陣痛で起こされず(酔っ払いには朝5時に起こされた)。
もしかしてベイダー君いないほうが前駆陣痛起きないんじゃないかという疑念が頭をよぎる。

しかし本陣痛はこんなものではないってことだよね。
一時は順調なら自然分娩でも~なんて考えた時期もあったけど、もう無痛必至。
歳も歳だし、少しでも楽させてもらおう・・・。

Redspiders_3Dec2016_2.jpg 
お腹もパンッパンに膨らんで、パーティなどで初めて会う人からスーパーの店員さんまで「おめでとうございます」と声をかけてくれるようになりました。
しかしついにデベソにはならなかったな~。ちょっと残念。
いやまだ10日あるか。

出産前の一日一日を大切に、というよりもここへ来てベイダー君に頼まれた仕事をこなす日々。
その上年末で出席したいイベントが目白押し。
デビコとドナルド氏の誕生日も近いし。

どうかベビーが少しでも長くお腹にいてくれますように・・・。



ランキング参加しています。クリックして頂けたら嬉しくて涙ちょちょぎれます。

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

H&M Baby と Burt's Bees Baby の個人輸入

ベイダー君がアメリカ人ということもあり、日本の伝統的なものではなく欧米によくあるスタイルのベビー服を揃えています。

Redspiders_1Dec2016_1.jpg 
例えば肌着は紐で結ぶタイプではなく、スナップボタンのボディスーツ。
これは冬生まれのベビーにはお腹が出にくくて良いのかなーと思います。
リボン結びに慣れていないベイダー君にとっても簡単かも。

Redspiders_31Jul2016_2.jpg 
またロンパースやカバーオールは足まですっぽり包むタイプ(靴下が一体化したようなの)。

しかしこれらのスタイルで探すと、数が少ない上に気に入ったデザインがなかったりします。
見つけても輸入品が主で少々、モノによってはかなーり割高だったり。

そこでH&MAmazon.com(アメリカのアマゾン)を利用しています。

H&Mと言えば低価格のファストファッションですが、ベビー服のラインがなかなか良いのです。
コットン製品はほぼ全ての商品がオーガニックコットン、いくつか買い物をしましたが、縫製や手触りなどの質も申し分ない。
しかもお値段はファストファッションそのまま。
新生児期はあっという間に過ぎていく、お安ければお安いほどありがたい。

Redspiders_1Dec2016_2.jpg 
先日購入したジャンプスーツ。
ふっかふかに綿が入って裏地のボアはふんわりとろける肌触り。

Redspiders_1Dec2016_3.jpg 
可愛いあみぐるみのベビーハンガーは友達がプレゼントしてくれたもの。

国内で手に入るブランドだと他にはGAP Babyなどもお手頃で良いですね。
オンラインストアを見ると割としょっちゅう40%オフキャンペーンなどやっているようですし。

前回Amazon.comで買い物した時はベイダー君の弟氏に送ってもらいましたが、商品によっては日本へ直接送ってくれるものもあります。
そして実は送料もそれほど高くない。
配送時間は1~2週間かかりますが、ベビー服だと6ドルほどからで発送してくれます(量と配送方法にもよります)。

アカウントは日本のアマゾンとは別に作る必要がありますが、お買い物方法はほとんど同じ。
普通にカートに入れてクレジットカード情報と配送先を入力、発送方法を選んで確認ボタンをクリックするだけ。

Amazon11162016-3.jpg 
検索時に画面左端のここにチェックしておくと日本へ発送可能なものだけ探すのが楽。

注意するのは、同じ商品でも色やサイズの選択肢がある場合は個別に日本への発送が可能か決まっていること。
つまり同じデザインのカバーオールでも12Mサイズは○、3Mは×ということがある。

Amazon11162016-2.jpg 
Amazon11162016-1.jpg 
日本へ発送可能かどうかの確認はサイズ・色の選択時にできます。

ちなみにカートで Import Fees Deposit(輸入手数料)というものが加算されることがあります。
どうも購入時の金額によって高ければ高いほどこれがチャージされる可能性が高くなるらしい。
しかも金額が上がるほどチャージ率も高くなる。
つまり場合によっては何回かに分けて注文したほうが安く済んだりするのです。

「場合によって」というのは、まとめて買った方が送料自体は割安になることが多いから。
お暇な方はカートの中身を何度か調整してみて総合的にお得になる組み合わせ・回数で注文してみて下さい。

さて今回はBurt's Bees Babyのものばかりを買いました。

Burt's Beesというとリップクリームが有名ですね。
実はベビー服のラインも出していて、全てオーガニックコットン。
しかもお値段がお手頃。
Amazon.com上のレビューも軒並み良いのです。

Redspiders_1Dec2016_4.jpg 
ジッパーのパジャマ。
着換えが楽そう。

Redspiders_1Dec2016_5.jpg 
長袖&半袖ボディスーツ。

Redspiders_1Dec2016_7.jpg 
上のホワイトはH&Mの55cm(1-2M)、下のブラウンはBurt's Bees Babyの0-3M。
比べるとBurt's Beesのほうが若干大きい。

Redspiders_1Dec2016_6.jpg 
このカバーオールは足カバーつきではないですね。
ま、靴下も一応頂きものがあることだし、ベイダー君が気に入ってくれればそれでいいのです。

ほんとは別のデザインのカバーオールを買おうとカートに入れていたのですが、一瞬の差で売り切れてしまっていました。
Amazon.comは在庫の動きが激しいです。



ランキング参加しています。クリックして頂けたら嬉しくて涙ちょちょぎれます。

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

38週妊婦健診

今週も妊婦健診で愛育病院へ。

Redspiders_29Nov2016_1.jpg 
お天気の良い空に街路樹の紅葉も綺麗に映ります。

まずはノンストレステストから。
看護師さんがお腹を触りながら「あれ、もしかして逆子ちゃん?」と。
いや、そんなはずはないんだけど・・・
ちょっと心配になる。

リラクシングミュージックのかかる部屋でうとうとしそうになりながらも無事終了。
張りもあるけど問題なく、心拍も正常だった模様。

その後の診察は若目の男性ドクター。
この先生は今までの愛育の先生たちの中で一番丁寧にエコー見せてくれました。

Echo_29Nov2016_a_S.jpg 
やはり読解力は必要だけども。
横になった顔の前に手が来ているところ、らしい。

Echo_29Nov2016_b_S.jpg 
こちらはあご側から見たところ。
鼻の穴が見えている。

ベビーの推定体重は3037g。
ついに3kgを超えました。

先ほど看護師さんに言われたことが気になって「頭、下に来てますか?」と聞いてみる。

ドクター「うん、下に来てる。かなり下まで下がって来ていて骨盤にはまっているよ。だいぶ歩き難いんじゃない?」

うん、確かにそう。
おかげでだいぶ動きが鈍くなっています。

内診では子宮口が約1.5cm開いていた!

ドクター「この分だと予定日は超えないね。でもすぐってわけじゃないよ。来週の健診で3~4cm開いていたらもうすぐって感じかな。」

ひゃー、いよいよ!
ていうか、初産は遅れることが多いと聞いていたから、まだ何となくのんびりしていたのに。

今週中には出産前にやっておきたいことを片付けなきゃ。



ランキング参加しています。クリックして頂けたら嬉しくて涙ちょちょぎれます。

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

プロフィール

くもこ

Author:くもこ
2012年の夏にクロスバイクを譲り受けたのをきっかけに自転車こぎ続けています。愛車はTREK ÉMONDA SL 6、愛称はレッドスパイダー。もっと筋肉欲しい。
パートナーのベイダー君はインド系アメリカ人。
2016年12月息子のルークが生まれました。
その他の良く出てくる友人はデビコ、ドナルド(どちらもアメリカ人♂)。4人でサイクリング行ったりくもこ実家に行ったりする仲良し。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。