スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上海旅行記3 - 変身写真を撮ってみた

上海好きで昔よく行っていた友達に、旅行中何をしたらいいのかと聞いてみると、「ぜひここで変身写真撮ってきて!」と勧めてくれたのが萬紅変身写真館

台湾、韓国でも変身写真を撮っている彼女によると、ここは相当レベルが高いらしい。
別の友人も絶賛していたので、せっかくだからと行ってみることに。
どうせベイダー君の仕事中はヒマだしね。

ネットからも予約ができますが、日にちが迫っていたのでスカイプで電話すると、日本語で対応してくれました。
ちなみに英語は全くダメらしい。

着くとまず仕上がりのアルバムの形と衣装の数を選ばされる。
私は5枚セットの三面鏡のように開くタイプ&衣装2枚をチョイス。
これで400元。

データで欲しい場合はUSB100元と言われる。
そりゃー欲しい、とこれをプラス。

さらに今回は旅行期間3日間なので滞在中に受け取りできないとのこと、日本への配送200元もプラス。
なんだかんだと合計700元=12,000円くらいに。

結構する!と思ったけど、それでも日本の半分以下なんですね~。

衣装は時代ごとに分かれており、唐、明、現代のチャイナドレスが選べます。
私は現代のチャイナドレスは複数持っているので、唐、明から一着ずつに。

衣装を決めたらメイク。

・・・の前にもファンデ用のパフを新品にするか(有料)、他のお客さんとの使いまわしにするかを聞かれる。
いや、どうせすぐ落とすし使いまわしでいいよ~と言うもしつこい。
しかしお得第一のくもこ、無駄な出費は一切したくない。
しぶしぶ納得して古いパフでメイクを始めてもらいました。

変身・・・まさに変身でしたよ。

つけまつ毛左右各4枚!
さらにテープで二重形成!
シェーディングファンデで、鏡の中にいるのはデーモン閣下ですか?と見まごうばかりの知らない人・・・。

厚化粧なんてもんじゃない。
顔面手術です。

地毛の下に上手いことかつらを入れて、冠などさして完成。
いよいよ撮影へ。

暗いスタジオには風景写真や壺などのクラシカルなセットが置かれています。

カメラマンがポーズを指先まで細かく指定します。
日本語を話せるスタッフが付き添ってたまにお手伝いしていました。

しきりに「笑って!」「目を開けて!」
と言われ、最後には頬っぺたが痛くなりましたが何とか終了。

そして約10日後、送られてきた写真がこちら。

IMG_20160302_231725.jpg

めっちゃフォトショ!顎の輪郭と肌がものっすごく修正されています。
確かにレベル高い(修正力が)。

ベイダー君あんぐり笑

「なんか、くもこさん中国人みたい・・・(トーン低い)」

あれ?どうやらベイダー君には不評な様子。
もともとナチュラルメイクが好きだもんね。

20160305_211234.jpg

ちなみにこんな立派な箱に入って送られてきます。

20160302_135200.jpg

アルバム自体はこちら。
立てておけるようになっています。

結局ベイダー氏に不評のため、お蔵入りとなりましたがね。

なかなか楽しい経験でした。

ところで写真を見て「わー美人!」と思ってしまった方、間違えてはいけません。

現場にいるのはデーモン閣下です。


*InstagramとYouTubeやっています*

Instagram ID: pashmir.jp
YouTube チャンネル: Where is BB-8?

ランキング参加しています。クリック謝謝!


にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

プロフィール

くもこ

Author:くもこ
2012年の夏にクロスバイクを譲り受けたのをきっかけに自転車こぎ続けています。愛車はTREK ÉMONDA SL 6、愛称はレッドスパイダー。もっと筋肉欲しい。
パートナーのベイダー君はインド系アメリカ人。
2016年12月息子のルークが生まれました。
その他の良く出てくる友人はデビコ、ドナルド(どちらもアメリカ人♂)。4人でサイクリング行ったりくもこ実家に行ったりする仲良し。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。