スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デリー・ハットとコテージ・エンポリアム - インドの布産業

今回のインド旅行、観光とベイダー君実家訪問以外にももう一つ理由がありました。

それは布製品を見に行くこと。

インドはファブリック世界一と言ってもいいほどの生産国。
しかも地域ごとにかなり特徴の違いがあるのです。

くもこはファッション関係のお仕事をしているので、新しい素材を開拓したいと考えていました。

まずは友人知人のお勧めによりデリー・ハット(Dilli Haat)へ。
入口で一人20ルピー(約35円)のチケットを買って入る入場有料のマーケットです。

ちなみにDilliとはDelhiの古い書き方だそうです。

Redspiders_19Jan2016_1.jpg

ゲート前で売っていた焼き芋。

Redspiders_19Jan2016_2.jpg

屋台のような小さな店がたくさん並び、それぞれがメーカーさんで自社製品を売っています。
やはり布製品と毛織物が主流のようでした。
州ごとにエリアが分かれています。

Redspiders_19Jan2016_3.jpg

インドと言えばこのような細かい刺繍も有名。
この点線で描かれた模様は全て手作業で刺繍されたものです。

Redspiders_19Jan2016_4.jpg

伝統的な模様だけでなく色々試みていて面白い。

ちなみにこちらのデリー・ハットに売られているパシュミナストール(本来高級毛織物)、かなりの確率で下位素材のカシミヤやウールであり、さらにシルクを混ぜた物まで100%パシュミナと謳われています・・・。
本物はインドでも5、6千ルピーなんかで買えませんよ。

Redspiders_19Jan2016_5.jpg

食事は場内の半野外レストランで。
ベイダー君の出身地オリッサ州料理のお店。

Redspiders_19Jan2016_6.jpg

辛かったけど美味しかった。

・・・けどやっぱり辛かった!

くもこ、この後胃を傷めることに。
インドでは不衛生ゆえお腹を壊す、と考える人が多いのですが、実は唐辛子や強いスパイス、そして尋常でない油の量によって調子を崩すことが多いのです。
まぁよっぽどな場所で生野菜など食べれば不衛生が原因になるでしょうけど。
水はペットボトルでどこでも売っています。

とはいえインドに来るたび油断して強烈なものを食べてしまいます。反省。

Redspiders_19Jan2016_7.jpg

しかしどうしてこうインドの犬は緊張感ないのか。
いや犬だけじゃなく牛、山羊、イノシシもか。

別の日にベイダー君のお友達の奥様に案内してもらってコテージ・エンポリアムへ。

Redspiders_19Jan2016_8.jpg

ここは政府の経営する産業会館だけあって、きちんとしたものが売られています。
ここではパシュミナ、と書いてあったらだいたい信用できます。

ただし値段は産地で買うよりも倍くらいお高め。

Redspiders_19Jan2016_9.jpg

シルクの種類色々の説明。
一番下の「ムガ」が一番お高いそう。

Redspiders_19Jan2016_10.jpg

インド東部ラジャスタン産の布。日本の絞りと同じ要領で作られています。

Redspiders_19Jan2016_11.jpg

ビーズで覆われたクラッチ。全て手縫いで縫い付けられています。

Redspiders_19Jan2016_12.jpg

シートクッションのようですが、四隅のリボンを結ぶと小物入れに。パンとか入れたら素敵。

インドへ来ると必ず買うKAMAブランドの化粧品もありました(これは空港が割高以外どこで買っても同じ値段、だと思う)。

友達の奥様は昔ファッション業界で働いていたそうで、すごく詳しい。
これはどこそこのものでどうやって作るのだと全て説明してくれました。感謝!

コテージ・エンポリアムではちょっと変わったお会計方式になっています。
各売り場で買うものを決めたら店員さんに渡し、控えをもらいます。
会計はまとめて玄関近くのレジで支払ってまた控えをもらい、さらに別のカウンターでペーパーバッグに入った品物と引き換えるのです。

比較的お高いけれど、デリー・ハットよりも幅広くきちんと目のものが見られる分、コテージ・エンポリアムの方が気に入りました。
なかなか有意義なひと時となりました。



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

くもこ

Author:くもこ
2012年の夏にクロスバイクを譲り受けたのをきっかけに自転車こぎ続けています。愛車はTREK ÉMONDA SL 6、愛称はレッドスパイダー。もっと筋肉欲しい。
パートナーのベイダー君はインド系アメリカ人。
2016年12月息子のルークが生まれました。
その他の良く出てくる友人はデビコ、ドナルド(どちらもアメリカ人♂)。4人でサイクリング行ったりくもこ実家に行ったりする仲良し。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。