スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初診

検査薬が初めて陽性になってから8日目。
妊娠がほぼ確定となり、近所の駅ビルに入っているクリニックを受診することにしました。

ここを選んだ理由はこんな感じ。

まず前提として、無痛分娩に対応した病院で出産したかったこと。
そのため無痛分娩に24時間対応していて、近所のクリニックで普段の健診を受けることのできる「セミオープンシステム」を実施している愛育病院に出産先をしぼりました。

セミオープンで健診を受けられるところは沢山あるのですが、忙しいベイダー君にも一緒に行ってもらえる機会を増やすためには一番近いクリニックが良いだろう、ということに。

さらに口コミの評判もよく、安心して受診できそうなことも決め手になりました。


ちなみに自宅からの距離を考えると他の産院候補は山王病院と慈恵医大病院。

山王は距離的には一番近く、何度も別の科でお世話になっているのですが、ハイリスク妊娠の場合お産を受け入れてもらえないこもある、と聞きました。
もうすぐ40歳の私にはちょっと心配・・・。

慈恵は個室が取れにくいことと、夜間や休日の無痛分娩に対応していないことがネックに。

どちらも良い病院なんですけどね。


さて、ドキドキの初診です。

曇りガラスのドアをくぐると、評判通り新しく綺麗なインテリア。
たまたま他に待っている人もなく、すぐに診察室へ。

ウェブサイトで見た通りの優しそうな先生でホッとしました。
少しお話しして、とりあえずはエコーで検査。

見えたものは、

かわいいかわいい・・・

Echo_12Apr2016_S.jpg

袋ちゃん( ̄▽ ̄)

この時点では胎嚢という袋のみなんですねー。
今は「袋ちゃん」が「中身のある袋ちゃん」になろうと頑張っているところなんですよね。

大きさは5.1mm。
私の生理周期と合わせ、5週0日でほぼ間違いないね、とのことでした。

めでたく妊娠が確定し、早速先生に一番聞きたかったことを質問。


くもこ「あの・・・妊娠中は運動してもいいのでしょうか?」

先生「どうぞどうぞ!調子が良ければマラソンにだって出てもいいからね。」

くもこ「え、そうなんですか!(歓喜 じゃあ自転車には乗ってもいいのでしょうか?サイクリングは?」

先生「もちろん!ただし転ぶのは自己責任だからね。」


実際、過去にマラソンが趣味の妊婦さんがいて、妊娠初期に30kmの走り込みをしていたそうな。
元気な赤ちゃんを産まれたそうです。

先生によると、運動と流産は何の関係もなく、特に初期の流産は染色体の問題がほとんどだそうです。
これには効く薬もないし、そうなったら残念ながら諦めるしかない、と。
だいたい8人に1人には起きることだそうです。

そっかー、この袋ちゃんはそういう運命じゃないといいなー。

とりあえず運動絶賛OK!のサインが出たので、とっても嬉しくなりました。
何しろ、あと一年は自転車に乗れないのかと思い込んで、ベイダー君を若干恨めしく思っていたので笑

Ninshin-shokiS.jpg

病院からもらってきた「安産のための5箇条」にもあるように、妊婦生活だって楽しみたいもんね。


持ち帰ったエコー写真を見て、ベイダー君も嬉しそうにしていました。

まずは二人が三人になることを楽しみに暮らしたいと思います。



*InstagramとYouTubeやっています*

Instagram ID: pashmir.jp
YouTube チャンネル: Where is BB-8?

ランキング参加しています。クリックして頂けたら嬉しくて涙ちょちょぎれます。


にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

くもこ

Author:くもこ
2012年の夏にクロスバイクを譲り受けたのをきっかけに自転車こぎ続けています。愛車はTREK ÉMONDA SL 6、愛称はレッドスパイダー。もっと筋肉欲しい。
パートナーのベイダー君はインド系アメリカ人。
2016年12月息子のルークが生まれました。
その他の良く出てくる友人はデビコ、ドナルド(どちらもアメリカ人♂)。4人でサイクリング行ったりくもこ実家に行ったりする仲良し。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。