スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしベビーがダウン症だったら

今日はなんだかとってもカレーが食べたくなって、久しぶりにちゃんと料理をしました。

20160609183031.jpg

それもレトルトやジャパナイズされたお店のカレーでは心が動かず、ターメリックどっさり入ったインド家庭料理風が食べたかった。
もしやベビーのインドの血が騒ぐのか。

ちなみにカレーに入れたゴーヤはインドでもよく食べられているそうです。

ところで前回主にダウン症の可能性を診断する胎児スクリーニングについて書きましたが、ダウン症児でも産んで育てよう、と決めていたのにはある背景があります。

私が小学生の頃、クラスに一人のダウン症の子がいました。
母校は田舎の小さな学校で、1学年につき1クラスのみ。
つまりその子とは6年間同じクラスでした。

ご両親の意向でできる限り他の子たちと過ごさせたかったらしく、一緒に授業を受けたり遊んだりしていました。
授業が難しい時のみ特殊学級に別れていたけど、学校生活のだいたい半分くらいは一緒にいたんじゃないかな。

普通の会話ができなかったり共同作業にできないことがあったりもして、他のクラスメイトと全く同じに接していたわけではないけど、少なくともその子がいて嫌になることはなかったな。
きっと他の子たちもだいたい同じように感じていたと思います。

そんなわけで、ダウン症児は私にとって未知の存在ではなかったこと。
とても大事な経験でした。
今となってはその子と一緒に過ごさせてくれたご両親に感謝ですね。

もちろんダウン症児の教育がカンタンだとは言いませんよー。
その子のお母さんはよく学校に来ていて、いろいろとお世話をしたり見守ったりしていました。
ご家庭の中でも苦労はあったかもしれません。
中学からは養護学校へ行ったのだけど、その後大人になってからのことだって色々と考えていかなければなりません。

ところで私が小学校1年生のころ、学校でおもらししてしまったことがあるのですが、恥ずかしくてビービー泣いていると、たまたまそこにいたその子のお母さんが「おばちゃんが替えのパンツ持ってるから」とササッと着替えさせてくれました。
その後は何も言わずにいてくれて、いっちょまえに乙女心の芽生え始めた小1女子にはとてもありがたかったです。

あんなお母さんになれたらいいなー。


*InstagramとYouTubeやっています*

Instagram ID: pashmir.jp
YouTube チャンネル: Where is BB-8?

ランキング参加しています。クリックして頂けたら嬉しくて涙ちょちょぎれます。


にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

くもこ

Author:くもこ
2012年の夏にクロスバイクを譲り受けたのをきっかけに自転車こぎ続けています。愛車はTREK ÉMONDA SL 6、愛称はレッドスパイダー。もっと筋肉欲しい。
パートナーのベイダー君はインド系アメリカ人。
2016年12月息子のルークが生まれました。
その他の良く出てくる友人はデビコ、ドナルド(どちらもアメリカ人♂)。4人でサイクリング行ったりくもこ実家に行ったりする仲良し。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。