スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレーニングの日々2

様々な環境でのライドに慣れるため、トレーニングのためのルートも色々作りました。
これは旅行メンバー唯一の日本人であるくもこの役目。

ある時は都内の自宅から真鶴までの120kmルート(帰りは電車輪行)。
共通の友人ドナルドも参加しました。夏大好き男でトライアスロンもこなすアスリートです。
コース上通る茅ケ崎エリアに造詣が深いので頼れる。

途中ベイダー君が自慢の筋肉をフルスロットルで超先行、見失う。くもこ、切れる。チームで走ってるのに何やっとんじゃー。
ちなみに喧嘩の時はだいたい英語です。くもこの英語力よりベイダー君の日本語力のほうがずっと上なんだけど、勢いよく文句を言うのには英語の方がしっくりくるんだよね。

まあでも、鎌倉で写真撮ったり海岸沿いを走ったりと概ね楽しく過ごせました。
くもこ実家でみんなでお昼ごちそうになったりね。

この日はお天気の良い7月、日焼け止めを塗り忘れたベイダー君の腕に土方焼けを発見。

20150711_185813.jpg

インド系のベイダー君、もともとダークスキンですが、さらなるダークさを獲得。
くもこ母「あら、ベイダー君て色白だったのね」

またある時は登り坂に備えるため秦野駅からヤビツ峠まで登ったりしました。
ヤビツはクロスバイク時代からベイダー君とくもこで何度も行っていて、時々反対側の宮ケ瀬湖へ下りてさらに城山湖へ登ったりすることもありました。
ただしデビコは秦野駅-ヤビツ峠往復が精いっぱい。それでもカテゴリ1の坂ですから、だいぶ自信になったかな。

坂道に慣れるため、こんなルートを走ったこともありました。高尾駅から出発して4つの湖を巡り、高尾駅へ戻ります。

redspiders_11Oct2015.jpg

距離こそ70km弱ですが、上り標高は1636m。なかなかの坂道っぷりです。
このルートにもベイダー君と私はクロス時代から行っていました。
デビコにはやはりきつかったらしく、最後の城山湖へのクライムは諦めましたが、それでも1400mくらいは上ったかな。

9月に入り、旅行時と同じようにキャリアにバッグを付けてトレーニングをすることにしました。
重い荷物を付けるとバランスもペダリングの感覚も変わります。

まずはくもこ一番のお気に入りサイクリングロードである花見川-印旛沼コースへ。検見川浜駅から出発し、西印旛沼の右岸、北印旛沼の左岸を走ります。ほぼフラットですが、往復すると90kmくらいになります。

redspiders_11Oct2015_2.jpg

2015-04-26.jpg

春には桜も楽しめる変化に富んだルート。ところどころちょっと狭いし歩行者も多めですが、車道と並行しておらず排気ガスを気にせず走れる気持ちの良いルートです。

しかし再びくもこ切れる。
原因は筋肉自慢のベイダー君に加え、ロードバイクに慣れてきたデビコも好きな時に好きなだけ飛ばすこと。
そのくせちょっとした段差になると急にスピードを落とす。
これでは唯一の女であるくもこはとーっても走り難い。筋肉のデカい男性は加速力があるので良いけど、私はせっかく乗ったスピードを殺される上に再度ダッシュされたらついて行けない。
かと言ってくもこだけが前を走るのでは疲れる役目ばかりで不公平。

そんなこんなで怒られシュンとなったアメリカ人たち、その後は気を付けて一定したスピードで走ってくれるようになりました。

続けて次の日はまた4つの湖を巡る高尾-高尾のルートの予定でしたが、デビコは来ず、私とベイダー君のみで行きました。
これが旅行前最後のトレーニングになりましたが、少なくともこの二人は順調な仕上がり。荷物を積んで連日乗っても筋肉痛にもならならないし、自信も付きました。

いよいよ旅の準備も大詰めです。



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

くもこ

Author:くもこ
2012年の夏にクロスバイクを譲り受けたのをきっかけに自転車こぎ続けています。愛車はTREK ÉMONDA SL 6、愛称はレッドスパイダー。もっと筋肉欲しい。
パートナーのベイダー君はインド系アメリカ人。
2016年12月息子のルークが生まれました。
その他の良く出てくる友人はデビコ、ドナルド(どちらもアメリカ人♂)。4人でサイクリング行ったりくもこ実家に行ったりする仲良し。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。