スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

23週妊婦健診

いつものクリニックで1ヶ月振りの健診です。

まだまだお盆休みのひともいるのか、空いている待合室。
普段からいつ来ても平日午前は待たずに済むので、セミオープンシステムって本当ありがたい。
某病院だと予約制なのに2時間も待たされたりするらしい・・・。

まずは助産師さんによる尿検査と体重、血圧測定。
どれも全く問題なし。

最近甘いものを欲し、割とよく食べるため、正直糖が出るんじゃないかと気になっていたけど、マイナス。よかったー。

体重は現時点で元の体重+2キロ、これもOK。
1ヶ月1キロ増が理想なんだって。
てことは最終的に元+6キロくらいになるのか。

今日は超音波検査とクラミジア検査もあり。
超音波の方は全く問題なし、胎盤の位置は子宮口に掛かっていないし、子宮口はしっかり閉じている。
子宮頚管長3.86cmは充分な長さ。
大体3cmあればOKなんだって。

その後はいつも通りエコー。
推定体重は631g。
もう生まれる時の5分の1まできたのね〜。

Echo_17Aug2016_a_S.jpg 
顔はかなり赤ちゃんらしくなってきた。
この掘りの深さ、やっぱりベイダー君に似てそうだよなー・・・。

Echo_17Aug2016_b_S.jpg 
お手手も指がくっきり。

ついでに性別を再度確認・・・と聞いているそばから可愛いぞうさんが見えました笑
ドクターからも「これはもう100パーセントだね」とお墨付き。
14週の時点でもほぼ見えていたんだけど、よりハッキリと息子内定出ました。
すでにベイダー君とは男の子を想定して名前を考えちゃっています。

ところで、今日は一つ心配事が。
実は数日前にローストポークを頂いたのですが、中心部がかなりレア、というかほとんど生だったのです。
生肉にはトキソプラズマ症感染の危険があることは知っていたけど、なかなか避けられない状況だったので一、二切れ食べてしまっていました。

事情を聞かされたドクターもうーん、という表情。
日本で食べている限りはまず大丈夫だと思うけど、と前置きした上で検査の説明をしてくれました。

まず、トキソプラズマの抗体には2種類あり、今回のケースだと妊娠前のものと妊娠中のものどちらも検査した方がハッキリするとのことです。
感染後2週間くらいで抗体が増えるので、今すぐにすることはできないけど、やっておきたいなら次の健診の時にやりましょう、ということになりました。

診察室を出る時にも「話しを聞いている感じだとたぶん大丈夫」と安心させてくれましたが、やはりないとは言い切れないし、万が一感染していたら対策できるので、ここは検査を受けることにしました。

ちなみに抗体の検査は血液検査で自費、7000円。
ベイダー君にはやるなって言われそうだなーと思ったら、案の定「必要ないよ、大丈夫だよ!」と。
まあやるけどね。

次回からは2週間置きの健診になります。
今までよりも頻繁にベビーの顔を見られるようになるのが嬉しい。


*InstagramとYouTubeやっています*

Instagram ID: pashmir.jp
YouTube チャンネル: Where is BB-8?

ランキング参加しています。クリックして頂けたら嬉しくて涙ちょちょぎれます。

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

くもこ

Author:くもこ
2012年の夏にクロスバイクを譲り受けたのをきっかけに自転車こぎ続けています。愛車はTREK ÉMONDA SL 6、愛称はレッドスパイダー。もっと筋肉欲しい。
パートナーのベイダー君はインド系アメリカ人。
2016年12月息子のルークが生まれました。
その他の良く出てくる友人はデビコ、ドナルド(どちらもアメリカ人♂)。4人でサイクリング行ったりくもこ実家に行ったりする仲良し。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。