スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院準備とマタニティパジャマ問題

母親学級で「遅くとも32週までには入院準備をしておくように」と言われていたのに、気づけばもう35週。
緊急時のことを考えればそろそろやっておかないとまずいだろうなーとより重たくなった腰を上げました。

出産する愛育病院から渡された入院持ち物リストはこんな感じ。

Redspiders_3Nov2016_1.jpg 
やっぱり入っていたパジャマ。
「袖口が広く前開きのもの」って注意書きがあるけど、要するに授乳しやすければいいってことよね。

マタニティパジャマって、こういっちゃナンだけど・・・ダサい。

なんでボーダーとドットとチェック柄(それもマイルドな色合い)しかないのー
そしてやったらダボダボしてるのーーー泣

さらに悪いことには私の身長(170㎝越え)では大抵のパジャマはツンツルテンなのです。
かと言って7分丈デザインを買おうものなら実質膝下丈になってしまう。
これでは冬出産にはキツイ。

そこでパンツだけはアメリカのアマゾンで買うことにしました。
前回のお買い物ではベイダー君の弟氏に送ってもらったのですが、そうしょっちゅう頼むのも悪い。
てことで、今回はアマゾンから日本に直接発送してもらうことにしました。
品数はグーンと限られちゃうんだけど、仕方ないよね。

オーダーしたのはこちら

Redspiders_3Nov2016_3.jpg 
本来はヨガパンツなのですが、お腹部分の伸縮性が良いらしく、妊婦さんにも人気商品のよう。
そして魅力は何といってもお値段。
アメリカからの送料入れても1000円ちょっと。安い!

日本でも同じようなものを見つけたのだけど、やはり股下が足りず。
そして価格は4倍近かった・・・。

*追記
Amazon.comで買ったパンツ、2週間ほどで届きました。
とっても良く伸びて生地も柔らかく、快適。
もっと早く注文すればよかった!

パジャマトップスは日本で授乳しやすいシャツなどを買うとして、とりあえずパジャマ問題は解決

・・・しなかった。
ここでさらに問題が。

Redspiders_3Nov2016_2.jpg 
なんと出産当日だけのために「前開きネグリジェ」が必要らしい。

ネグリジェって・・・。
何十年振りに聞いたわ、その単語。

案の定Amazon.comではそんなもの売っていない。
いろいろ探してセシールでマタニティ用ではないこちらを注文することに。

66001RY-331_D3.jpg 
Lサイズなら出産日の腹囲でも大丈夫そうなことと、ウエストベルトがあるので産後にもダボつかず着られそうなことが決め手となって購入。
本当はネイビーが欲しかったけど、出産予定日ギリギリまで入荷しないようなので断念。
届いてみると、とっても柔らかでスムーズな着心地でした。

リストにあったもののほかにも母親学級などで教えてもらった情報により、次のものを入院用に準備しました。

・ペットボトル用ストロー(ベッドに寝たまま水分補給できるように)
・ホッカイロ
・レッグウォーマー(陣痛時に足を温めて産道を開きやすくする)
・リップクリーム(息切れするため唇が渇く)
・マッサージグッズ
・エッセンシャルオイルとタオルハンカチ(リラックス用)

全ては出産時用です。
これでなんとか辛い陣痛を乗り切れるかな?

しかしお腹が張っただけで「イタタタ」と叫んでいる私には無痛必至かも・・・。



ランキング参加しています。クリックして頂けたら嬉しくて涙ちょちょぎれます。

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

くもこ

Author:くもこ
2012年の夏にクロスバイクを譲り受けたのをきっかけに自転車こぎ続けています。愛車はTREK ÉMONDA SL 6、愛称はレッドスパイダー。もっと筋肉欲しい。
パートナーのベイダー君はインド系アメリカ人。
2016年12月息子のルークが生まれました。
その他の良く出てくる友人はデビコ、ドナルド(どちらもアメリカ人♂)。4人でサイクリング行ったりくもこ実家に行ったりする仲良し。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。